筋トレ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

通勤・通学時に階段を使うだけで痩せられる?

 
 

「仕事終わりが遅くてジムに行けない、、、」
「ジョギングしたいけど雨が降ってきた、、、」
そんな悩みはありませんか?

そんな方にオススメなのが「階段ダイエット」です。
通勤や通学時にできて、日々の生活に取り入れることで効果的に痩せることができます。

今回は階段ダイエットを紹介していきます。

階段ダイエットって何?

階段ダイエットとは、文字通り階段を上り下りするだけの簡単なダイエット方法です。

「それだけでダイエットになるの?」と思う方もいると思いますが、階段の上り下りは普通に歩くのに比べはるかに下半身の筋肉を使います。

しかも400段の階段を上り下りすると、ジョギングを15分したのと同程度の脂肪燃焼効果があるそうです。

マンションや会社、駅やデパートなど、普段私たちがエレベーターやエスカレーターを使っている場面を、階段に置き換えるだけで、脂肪燃焼しながら下半身を引き締めることができます。

運動が苦手な方や運動する時間が取れない方でも、通勤や通学に取り入れることで、とても続けやすいのが特徴です

階段ダイエットの効果は?

通勤、通学や外出先で階段を使う機会減ってますよね?
実はエレベーターやエスカレーターに乗らずに階段を利用するだけで、様々なダイエット効果があるんです。

脂肪燃焼効果がある

階段の上り下りは有酸素運動なので、酸素を体内に取り込みながら糖や脂肪を燃焼させる効果があります。

階段の上り下りの消費カロリーは30分で約160kcalです。

他の有酸素運動と比べても消費カロリーが多いので、継続することで皮下脂肪も落とすことができます。

※体重50kgの人が30分行った場合の消費カロリー

  • 階段の上り下り:160kcal
  • ウォーキング:100kcal
  • ジョギング:240kcal
  • エアロバイク:180kcal
  • 自転車:180kcal
  • 水泳:255kcal

ヒップアップ効果や下半身痩せができる

階段の上り下りは

  • 太もも
  • ふくらはぎ
  • お尻

の筋肉を主に使います。

下半身には全身の筋肉の70%が集まっていると言われていて、下半身の筋肉を鍛えることで代謝が上がり痩せやすい身体になることができます。

階段の上り下りは、普段あまり使わない内ももを鍛えることができます
継続して行うことで、すらっとした脚や引き締まったヒップが手に入ります。

筋肉がつき、痩せやすい身体に

階段の上り下りで最も使われるのは、太ももやふくらはぎの筋肉です。

足は第二の心臓と呼ばれていて、下半身の血液を心臓へ送り返すポンプの役割をしています。

足の筋肉をつけることで、血液循環が良くなり新陳代謝が活発になります。

新陳代謝が活発になることで、何もしなくてもカロリーを消費してくれるので、痩せやすい身体になることができます。

むくみや肌荒れ、冷え性を改善できる

階段の上り下りをすると足の筋肉が刺激され、血流やリンパの流れが促進されます。
血流やリンパの流れが良くなることで老廃物や毒素が体内から排出され、身体に必要な栄養素を取り入れやすくなります。

その効果で肌の調子を整えたり、むくみや冷え性の改善が期待できます。

階段ダイエットのやり方

階段ダイエットの基本的なやり方は、階段を上り下りするだけ。
しっかり効果を実感するために、今から紹介するポイントを押さえておいてください。

階段ダイエットのポイント

  • 背筋をまっすぐ伸ばす
  • 目線は下げずにまっすぐ向ける
  • 骨盤を意識して足を高く上げる
  • 上がるときはかかとから、下がるときはつま先から
  • 腕を大きく振り、一段づつしっかり上る

※この動画で詳しく解説されています。

階段を上る速さはどれくらいがいいの?

階段を上り下りするときのスピードは、人と話しながらできる程度が理想です。

駆け足で階段を上がると、呼吸が切れてしまい無酸素運動になってしまうので、有酸素運動として脂肪燃焼させるためにも、身体に負荷をかけ過ぎないスピードで行うことが大切です。

1日にどのくらやればいいの?

脂肪燃焼効果が高めるためには20分以上行うことがオススメです。
一度に20分となると現実的ではないので、小分けにしてもかまいません。
1日を通して階段の上り下りをしている時間が20分になるようにしましょう。

時間ではなく階段の段数を目標にするのもオススメです。
その場合は1日400段を目標にしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
階段ダイエットは日々の生活に取り入れることで、ジムに行かなくてもいつでもダイエットができるんです。

とても続けやすいダイエットなので、楽しみながらやっていきましょう。

正しいやり方を続けていれば必ずダイエットは成功できます。

焦らずじっくりやっていきましょう。

コンテンツの全部または一部の無断転載を禁止します。(C)body-consulting All rights reserved.

The following two tabs change content below.
編集部
ボディコンサル編集部です!巷に溢れる様々なダイエット方法や筋トレ方法をご紹介します!あなたにあったダイエット方法を見つけてくださいね!
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Sponsored Link

関連記事

  1. 筋トレ

    フラフープダイエットで楽しく痩せれる?

    子供のころ、誰もが遊んだフラフープ。遊びというイメージが強いフラフ…

  2. 筋トレ

    もしかして、わたしって洋ナシ体型?

    雑誌によく載っている「洋ナシ体型」という言葉。実際にどんなものか知…

  3. 筋トレ

    自分の1日の消費カロリー、どのくらいか知ってる?

    人が1日に消費するカロリーが、どれくらいあるか知っていますか?…

  4. 筋トレ

    筋トレの自重トレーニングってなに?

    筋トレをこれから始める方には、自重トレーニングがオススメです。…

  5. 筋トレ

    NHK「みんなで筋肉体操」で紹介された、腕立て伏せの効果は?

    2018年8月27日、NHK東京で放送された「みんなで筋肉体操…

  6. 痩せずに悩んでいる女性

    筋トレ

    有酸素運動と無酸素運動、痩せるにはどっちが大事?

    運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があることを知っています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

  1. 昆布だし
  2. お肉ダイエット
  3. イワシ缶

Sponsored Link

カテゴリー

  1. ごぼう茶

    食事

    整腸作用でスッキリ!ごぼう茶ダイエットの方法とその効果!
  2. 桑の葉茶オーレ

    食事

    ダイエットにおすすめ!桑の葉茶スイーツ3選!
  3. 食事

    朝ごはんは重要!おすすめダイエットメニュー3選
  4. 筋トレ

    ダイエット中の筋トレは毎日やるべき?
  5. 食事

    忙しい朝でもカンタン!ココナッツオイルメニュー3選!
PAGE TOP