筋トレ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

半身浴はダイエットにいいの?

 
 

女性に人気の「半身浴ダイエット」

日常生活にかんたんに取り入れられるので、とても人気のダイエット法です。

では「半身浴ダイエット」の正しいやり方を知っていますか?

実はお湯の温度や入浴時間など、ダイエットに最適なやり方があるんです。

半身浴ダイエットとは?

半身浴ダイエットは、ぬるめのお湯に身体の胸から下だけを長時間湯船に浸けて入浴するダイエット法です。

全身浴と違い身体への負担が少ないので、長時間湯船に浸かることができます。

入浴中に大量の汗をかくので、体内の老廃物を排出するデトックス効果があります。

半身浴には脂肪燃焼効果はないので、消費カロリーはそれほど多くありません。

消費カロリーの目安は、30分で約70kcalです。

半身浴ダイエットの効果は?

半身浴ダイエットは気軽にできるだけでなく、様々な効果があります。

痩せやすい身体になる

半身浴の脂肪燃焼効果はそれほど高くありません。

ですが、半身浴で身体が温まると代謝が上がります
代謝が上がると何もしない状態でも脂肪が燃焼するので、痩せやすい身体になることができます。

継続して行うことで、常に痩せやすい身体でいることができます。

良質な睡眠がとれる

半身浴では副交感神経が優位になるので、リラックス効果があり眠気を誘います

また、半身浴をすると体温を下げるために汗をかきます。
熱を放出しながら汗をかく過程でも汗がでます。

良質な睡眠は成長ホルモンを分泌させるので、ダイエットにはとても効果的です。

リラックス効果で疲労回復

半身浴で少しぬるめのお湯につかることで、汗をかきストレスを解消させることができます。

また、副交感神経が優位になるのでリラックス効果があり、疲労を回復させることができます

ストレスは暴食やホルモンバランスの乱れなどを引き起こすので、半身浴をすることで防止をすることができます。

血行がよくなる

半身浴で湯船に浸かることで、身体の体温が上がり血行が良くなります

半身浴を習慣づけることで基礎体温が上がり、冷え性を改善することができます。

むくみを改善できる

半身浴をするとリンパの流れが良くなり、むくみの解消になります

むくみの原因である水分や老廃物を汗と一緒に排出してくれるので、顔や足のむくみを改善することができます。

老廃物を身体から出すデットクス効果

半身浴をすると血行やリンパの流れが良くなるので、汗とともに老廃物が身体から出ていきます。

  • 有害物質
  • 脂肪
  • 毒素

などをデトックス効果で身体から排出します。

美肌効果がある

お湯に浸かると汗をかくので、毛穴が開き老廃物や皮脂が排出されます

さらに毛穴の奥の汚れを落としやすくなるので、肌をきれいにすることができます。

入浴剤や塩や重曹を入れると、発汗作用を促すのでオススメです。

半身浴ダイエットのやり方

半身浴ダイエットは、正しいやり方で行わないと効果が薄れてしまいます。

次に半身浴ダイエットの正しいやり方を紹介します。

お湯の温度は38~40℃

半身浴は熱すぎず、冷たすぎず、38℃の少しぬるめの温度が理想です。

お湯が熱すぎると長い時間入れないので、体の表面しか温まらない上に交感神経が優位になるので寝つきも悪くなってしまいます。

お湯の温度は熱くても40℃までに設定してください。

入浴時間は20分~30分

脂肪を燃焼させやすくするためにも、20分~30分程度の半身浴がオススメです。

ですが必ずしも20分以上、入らなくてはいけないわけではありません。

体の芯が温まった。
リラックスできた。
と思えるタイミングで大丈夫です。

自分の体調と相談しながら、無理のない入浴時間を心がけてください。

※乾燥肌の人は長時間の入浴は、症状を悪化させる恐れがあるので短めの入浴がオススメです。

半身浴を行う前に水分補給をする

汗をかきやすくするために、入浴の30分前にコップ一杯程度の水を飲みます

冷たい水だと胃腸に負担がかかってしまうので、常温の水か白湯の飲むようにしましょう。

水分をしっかりとっておくと、代謝も良くなるので美容にもいいです。

入浴中ものどが乾いたらいつでも水を飲めるよう、必ず500ml程度の水を浴室に持ち込んでください。

お湯はみぞおちの辺りまで

半身浴に最適なお湯の量はみぞおちの高さです。

心臓がお湯につかってしまうと圧迫して負担になってしまうので、心臓がつからない高さが理想です。

そして入る前に必ず、お湯につかる部分(みぞおちから下)にかけ湯をしてから入ります。

この時肩や上半身にかけ湯をしてしまうと、身体が冷えやすくなってしまうので注意が必要です。

お湯につかったら両腕をバスタブから出します。

肩にタオルをかけて保温する

長時間半身浴をしていると、お湯につかっていない上半身が冷えてしまいます。

ですので肩にタオルをかけて保温をしておきましょう。

のぼせやすい人は頭にタオルをのせる

のぼせやすく長時間湯船に浸かっていられないという方は、水で濡らしたタオルを頭に乗せてみてください。

のぼせ予防になります。

半身浴ダイエットの注意点

半身浴ダイエットはやり方を間違えると、体調を崩してしまうなどのリスクがあります。

必ず注意していただきたいことを紹介していきます。

食後1時間は入らない

食後すぐは胃腸が食べた物の消化をしている最中なので、身体の血液が胃腸に集まっています。

その状態で入浴をしてしまうと、胃腸に集まるはずの血液が体内に循環してしまい、胃腸の働きが悪化して消化不良を起こしてしまいます。

食後は必ず30分~1時間あけてから入浴するようにしてください。

飲酒後はアルコールが抜けるまで入らない

飲酒後に入浴すると血流がよくなるので、アルコールが全身に回ってしまい大変危険です。

平衡感覚を失って転倒したり、心臓発作や脳貧血を起こす可能性もあります。

飲酒後は必ずアルコールが完全に抜けたのを確認してから、入浴をするようにしてください。

30分以上の半身浴は休憩を挟む

入浴は身体への負担が大きいので、30分以上入る場合は必ず一旦休憩を挟んでください

休憩時間は5分程度

5分休憩をし、水分補給をしてから半身浴を再開するようにしてください。

入浴中や入浴後も水分補給をする

1回の入浴で排出される水分は約800mlですので、入浴中はかなりの汗をかきます。

脱水症状を防ぐためにも、浴室にペットボトルを持ち込み入浴中もしっかり水分補給をしてください。

入浴後も必ず水分補給を行ってください。

のどが渇いたと思ったら、脱水症状は始まっているので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
気軽にできる半身浴ダイエットは継続が大切です。

すぐに痩せることはできませんが、続けることで痩せやすい身体になることができます。

正しいやり方を続けていれば必ずダイエットは成功できます。

焦らずじっくりやっていきましょう。

コンテンツの全部または一部の無断転載を禁止します。(C)body-consulting All rights reserved.

The following two tabs change content below.
編集部
ボディコンサル編集部です!巷に溢れる様々なダイエット方法や筋トレ方法をご紹介します!あなたにあったダイエット方法を見つけてくださいね!
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Sponsored Link

ピックアップ記事

  1. 美背中メイクトレーナーMaikoさんが語る綺麗な体になるコツとは?

関連記事

  1. 筋トレ

    通勤・通学時に階段を使うだけで痩せられる?

    「仕事終わりが遅くてジムに行けない、、、」「ジョギングしたいけど雨…

  2. 筋トレ

    今流行りのホットヨガ、ほんとに痩せられる?

    ここ数年女性を中心に大人気のホットヨガですが、実際にどんな効果があるの…

  3. 代謝のいい女性

    筋トレ

    ダイエットで胸は小さくなる?

    「痩せたら胸も小さくなった、、、」女性なら誰しもが、一度は経験した…

  4. 筋トレ

    もしかして、わたしって洋ナシ体型?

    雑誌によく載っている「洋ナシ体型」という言葉。実際にどんなものか知…

  5. 走る女性

    筋トレ

    散歩をするだけでも痩せられるってホント?

    「ダイエットには有酸素運動が必要なのは分かっているけど、いきなりジョギ…

  6. 筋トレ

    身長150cmの理想の体重は何kg?

    あなたは自分の身長の理想の体重を知っていますか?「あのモデルさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

  1. maiko
  2. 昆布だし
  3. お肉ダイエット

Sponsored Link

カテゴリー

  1. ご飯

    食事

    ダイエット中に朝食は重要?
  2. もずく酢

    食事

    食前に食べる!もずく酢ダイエットの方法とその効果!
  3. 筋トレ

    NHK「みんなで筋肉体操」第2弾。紹介されたスクワットの効果は?
  4. ツナ缶

    食事

    満腹ホルモンで食べ過ぎ防止!ツナ缶ダイエットの方法とその効果!
  5. 筋トレ

    ピラティスってどんな運動?
PAGE TOP