筋トレ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

筋トレは回数とフォーム、どっちが大事?

 
 

「筋肉をつけるには、とにかく回数をやらなきゃダメ」そんな風に思っていませんか?

実は筋肉を効率よくつけるための秘訣は、違う部分にあるんです。

今回は効率よく筋肉をつけるための方法を紹介します。

筋トレは回数とフォーム、どっちが大事?

効率よく筋肉をつけるために、筋トレで一番大事なのはフォームです。

「回数をやった方が効果が出る」
「きついメニューの方が筋肉はつく」

と思いがちですが、正しいフォームでトレーニングを行わないと、鍛えたい部位を効果的に鍛えることができません。

正しいフォームで筋トレを行うことが、効率よく筋肉をつける一番の近道です。

筋トレにフォームが大事な理由は?

ただがむしゃらをやるだけでは、効率よく筋肉をつけることはできません。

フォームにこだわることで筋トレの効果は飛躍的にアップします。

正しいフォームの筋トレは最大限の効果がある

筋トレには様々なメニューがありますが、それぞれのメニューに鍛える箇所が決まっています。

一つ例を挙げると、腕の上腕を鍛えるアームカールという筋トレがあります。

手のひらが上を向くようにダンベルを握り、肘の位置を固定してダンベルを上げ下げするトレーニングです。

正しいフォームでやれば、上腕筋、上腕二頭筋などをピンポイントで鍛えることができますが、間違ったフォームで行うと、違う部位を鍛えてしまったり、全く効果のないトレーニングになってしまいます。

  • ・背中を反らして行った場合
  • 反動を使っているので体幹や脊柱起立筋のトレーニングになってしまう
  • ・肘を完全に伸ばしていない場合
  • 可動域がせまいためトレーニング効果が薄くなる

筋トレは軽い負荷でも、正しいフォームで行うことが重要です。

間違ったフォームが癖づくとなかなか直らない

一度間違ったフォームが身についてしまうと、なかなか直すことができません。

幼いころに身に着けた箸の持ち方や鉛筆の持ち方を、なかなか直すことができないように、筋トレも最初に身に着けたフォームは、なかなか直すことができません。

ですので最初から、正しいフォームを身に着けることが大切です。

正しいフォームはケガの防止になる

間違ったフォームで筋トレをすると、ケガをするリスクが高まります。

間違ったフォーム=無理な身体の使い方をしている

ということです。

実際に筋トレ中のケガの大半が、フォームが崩れた時に起きています。

正しいフォームはケガの防止にもなります。

正しいフォームを身につける方法

「正しいフォームってどうやって覚えたらいいの?」

動画等を見ながら学ぶ方法もありますが、最もオススメするのは、一度ジム行き
インストラクターの方に見てもらう方法
です。

軽い負荷でやる

正しいフォームを身に着けるには、軽い負荷でのトレーニングがオススメです。

ダンベルやバーベル、マシンでのトレーニングを行う際に、無理なく30回できる程度の重さで、フォームだけを意識してトレーニングします。

正しいフォームが身に着いたら、重さを増やしてトレーニングすることがオススメです。

鏡で自分のフォームを見る

自分では正しいフォームでできているつもりでも
「トレーナーに見てもらったらフォームが間違っていることを指摘された」
なんてことはよくあります。

自分で自分のフォームは見ることができないので、鏡を見ながらトレーニングすることで自分のフォームを確認しましょう

まとめ

意外に感じたかもしれませんが、筋トレは負荷や回数ではなく、正しいフォームでやることが一番効果的です。

正しいやり方を続けていれば必ずダイエットは成功できます。

焦らずじっくりやっていきましょう。

コンテンツの全部または一部の無断転載を禁止します。(C)body-consulting All rights reserved.

The following two tabs change content below.
編集部
ボディコンサル編集部です!巷に溢れる様々なダイエット方法や筋トレ方法をご紹介します!あなたにあったダイエット方法を見つけてくださいね!
ニックネーム(必須)
性別
メールアドレス(必須)
Amazonでお得に買う方法!

Amazonでお得にお買い物をするなら、Amazonギフト券のチャージがオススメ!

現金でチャージすれば、その度にチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員の方は使った方が断然お得です!

今なら初回チャージで1000円分のポイントがプレゼントされるキャンペーンもあるからさらにお得になるよ!

初回購入で1000ポイントプレゼントキャンペーンコンビニ・ATM・ネットバンクが対象、1円単位から購入可能
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Sponsored Link

ピックアップ記事

  1. 美背中メイクトレーナーMaikoさんが語る綺麗な体になるコツとは?

関連記事

  1. 筋トレ

    1日たった5分で痩せる肩甲骨ダイエットって何?

    「どうしても痩せられない、、、」と悩んでいる方は、その原因は「肩こ…

  2. 筋トレ

    踏み台昇降運動はダイエットにいいって本当?

    「仕事終わりが遅くてジムに行けない、、、」「ジョギングしたいけど雨…

  3. 筋トレ

    意外?トランポリンのダイエット効果が凄い

    子供のころトランポリンをしたことはありますか?跳んだり跳ねたりする…

  4. 筋トレ

    身長160cmの理想の体重は何kg?

    あなたは自分の身長の理想の体重を知っていますか?「あのモデルさ…

  5. maiko

    筋トレ

    美背中メイクトレーナーMaikoさんが語る綺麗な体になるコツとは?

    キレイになる方法はキレイな人に聞けばいい。ということで今回は、…

  6. 筋トレ

    自宅で簡単にできる有酸素運動7選

    今からジョギングをしようと思って外を見たら、雨がかなり強くなってきた。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

  1. maiko
  2. 昆布だし
  3. お肉ダイエット

Sponsored Link

カテゴリー

ニックネーム(必須)
性別
メールアドレス(必須)
  1. ブロッコリー

    食事

    食前にブロッコリーで痩せる!正しいブロッコリーダイエットの方法
  2. 食事

    えのき氷で健康的にダイエット!作り方とその効果!
  3. 筋トレ

    身長160cmの理想の体重は何kg?
  4. 筋トレ

    NHK「みんなで筋肉体操」第2弾。紹介された腕立て伏せの効果は?
  5. 筋トレ

    フラフープダイエットで楽しく痩せれる?
PAGE TOP